家具紹介 クロス・テキスタイル編 ウィリアム・モリス 

今回の「家具紹介」のブログは、スタッフMが担当いたします。

私が愛用中のこのタンブラー、

「この柄、どこかで見たことある・・・」という方もいるのではないのでしょうか。

実はこちら、あのウィリアム・モリスのデザインのタンブラーなんです!

ウィリアム・モリスとは、

イギリス出身のデザイナーで「モダンデザインの父」として知られています。

当時のイギリスは産業革命により、工場で大量生産された商品にあふれかえっていましたが、

モリスは「美しさ」を探求し、

繊細でファンタジックなデザインの壁紙やステンドグラスを生み出しました。

細かいタッチで描かれた、

モリス独特の植物のデザインが、私は好きです。

モリスのデザインで有名なのは

「いちご泥棒」

壁紙として部屋に使うと・・・

エレガントでありながら、色味は落ち着いているので、

日本の住宅にも違和感なく合うと思います!

また、

モリスのデザインは様々なブランドとコラボしています。

ポーチやバッグなど、

特にファブリックとして使われることが多いので、

壁紙は変えられない!という方は雑貨から取り入れてみるものいいかもしれません(^^)