子供室5帖プランの良さ

 子供部屋は広いスペースを取れない割に必要になる家具も多い...。せっかく取られるスペースが同じなら、より家具を配置、収納できるようにしたいところですよね。

 そこで今回はよく使われる間取りを2プラン用意してみました。


間取り:6帖(2,730_3,640)+クローゼット

    5帖(2,275_3,640)+WIC

配置家具:ベッド(1,000_2,100)、学習机(1,000_600)、本棚(1,300_300)

▲6帖+クローゼットプラン:ベッド・学習机共に1,000㎜幅で、合わせて2,000㎜、室の内法寸法が2,600㎜弱なので、600㎜という何とも言えないスペースが余ってしまう...。また、クローゼット戸の位置次第では、配置できる家具が極端に減る可能性も。

▲5帖+WICプラン:配置できる家具は変わらず、6帖プランで余っていたスペースがそのまま収納として活用できる。また、ベッドは横(2,275㎜方向)でもすっぽり入るため、家具配置のパターンも6帖プランと同じく2つ。ただ、シングルでも特別長さのあるもの(2,100㎜以上)は、2,275㎜幅では入らないので注意。


 もちろん子供室の取り方はこの形だけではありませんが、このベッド・学習机のセットと2,275㎜幅の空間の相性は、他プランでも活用できると思うのでとてもおすすめです。